資産運用や薄毛等の悩み等、不安やコンプレックスとの奮闘やエンタメ情報、僕のマインドやおすすめ情報を記していく場所です。

Noriブロ!

エンタメ

青眼の白龍を名乗る女性の外見がヤバすぎる…全身にタトゥーに飽き足らず眼球にも…この姿人間じゃねぇwww

全身に200以上のタトゥー。それだけにとどまらず・・・

この女性は全身にタトゥーを入れるだけでなく、舌先を2つに裂く「スプリットタン」手術、耳をとがらせ、耳たぶを長く伸ばし、豊胸、杭ビルト頬にフィラー注入と全身改造をしているのです!

その総額は約280万円もかかっていると言います!

元の顔との比較画像がこちら!

元の顔と完全に別人に見えますね!

さらに、目に注目してみて下さい。

瞳が青いのであればそれはカラーコンタクトだと分かるのですが、白目の部分が青いです。

なんとこれもタトゥーなんだそうです!

身体に入れるのも痛いと聞いたことがあるのに眼球にタトゥーいれるなんて正気の沙汰じゃないですね。

その当時の話を青眼の白龍ことアンバーさんは

「これまでで一番過酷な施術が眼球のタトゥーよ。インクが眼球に注入された時の痛みを言葉で言い表すのは難しいけど、まるで10片のガラスの破片を目に入れられて、上からこすられているような激痛だった。注射器で片目毎に4回インクが注入されたの。酷い痛みだったわ。それに施術をしたタトゥーアーティストは、眼球の深いところにまでインクを入れてしまって、その後3週間も目が見えない状態だったの。施術が成功していれば、失明状態になどならないはずなのにね。」

引用:ライブドアニュース

と話しており、激痛を伴ったことが分かります。

また、全身改造はまだ完成ではないようで、次はブラジリアン・バット・リフト(ブラジル式ヒップアップ)をやってみたいそうです。

参照元のサイトでは、

「以前のほうが可愛いと思う」

「これは心の病気ね」

「なぜ危険を冒してまでタトゥー?」

「ショッキング」

「年を取ってから異常が現れるのでは?」

「タトゥーのインクって身体によくないって聞いたよ」

「依存症だね」

「外見は変えられても中身は変えられないと思う」

引用:ライブドアニュース

といった反応があったようです。

勿論街中を歩くと目立つので注目の的だそうですが、彼女はこれで幸せだと言っているので、これも一つの正しい生き方なのかもしれませんね。

 

 

参考

ライブドアニュース

画像は『Blue Eyes White Dragon 2019年6月19日付Instagram「Hahaha fucking baby faces mannn」、2019年10月3日付Instagram「Full body suit in progress - check out my documentary made by @hookedonthelookshow and @barcroft_tv now!」』のスクリーンショット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-エンタメ

Copyright© Noriブロ! , 2019 All Rights Reserved.