資産運用や薄毛等の悩み等、不安やコンプレックスとの奮闘やエンタメ情報、僕のマインドやおすすめ情報を記していく場所です。

Noriブロ!

エンタメ

【衝撃】闇営業の涙の記者会見は嘘?!ビートたけし、松本人志など著名人のコメントまとめ

会社の圧力を経て会見へ

雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、吉本から謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に謝罪会見を行いました!

そのなかで、近親前に事情を釈明したいという意向があったにもかかわらず、

「吉本興業の岡本社長が『お前、テープ回してないやろなと。お前辞めて、1人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員クビにするからなと。おれにはお前ら全員クビにする力がある』と言われました。何も言えなくなりました。それが(6月)24日です」

と社長からの圧力をかけられていたことが明らかになりました!

その後、芸人仲間等のコメントを見るうちに「もう一度会社に、引退しても会見をさせてくれと言いました」と再度行動を起こしたそうです。

7月8日には宮迫博之は「僕と亮君が(岡本社長のもとに)行き、僕が全責任を負い、引退するので謝罪させてくれと岡本社長に嘆願しました」と再び願い出たようです!

しかし「『引退させない。させるわけにはいかない』。そうおっしゃり『謝罪会見はさせてやる。その代わり、期間はこちらで。いつになるか明言できない』と言われました。僕らは1日も早くとお願いしました。でもこちらで決めると。僕は会社のためにもすぐやるべきですと言いました」

と直談判したにもかかわらず、会見させてもらえないままでした。不信感がぬぐいきれなかった宮迫と亮はそれぞれ自分たちに弁護士を付けることを選択したとのことです!

この会見を経て、多くの著名人の反応が出ております!

宮迫と田村亮の会見で著名人の反応

明石家さんま
「会社の立場もあるけど、我々は絶対に宮迫の仲間、フリーになったんならできればうちの事務所に欲しいなあ」

ダルビッシュ有
「宮迫さん引退とか嫌やわー。メジャーには引退って言いながら復帰する例はザラなんで自分は待ってます。#セカンドチャンス」

本田圭佑
「会ったこともないし、ニュースを見てるだけで真実も分かってないけど、何がそんなに悪いんですかね?」
「良い事とは言えないのはわかるけど、長い間、多くの人を笑顔にしてきて、それがなかったことになるような大袈裟(げさ)な事じゃないでしょう」
「責任取って辞めるって文化もよく分からんし」

田村淳

「正直者で真っ直ぐな亮が戻ってきて安心しました」

松本人志
「スッキリした感じで。あの会見はウソ泣きだったんじゃないかな。またやりやがったな」

「岡本と、3人(岡本社長と宮迫と亮)で話す場を設ける」

「近いうちに岡本社長と宮迫が乳首相撲をしてほしい。乳首相撲は世の中のもの、すべてを解決する」

全体的に同情する声や、事務所に対する不満の声がほとんどですね!

松本人志に関しては、心配している中でもウソ泣きだった発言や宮迫と岡本社長の乳首相撲を希望するなど冗談を交えてその場を沸かせるのは芸人として流石ですね!

吉本興業に対する著名人の反感

ビートたけし
「あんまり言うと、放送禁止だらけになっちゃうんだけどね。猿回しと一緒で、俺ら芸人は猿なんだ。猿が人噛んで、猿に謝れって言ったってダメ。飼っている人が謝るんだよ。芸人にこういう姿を見せるのはダメ。あの時の涙を流して記者会見をしたヤツの芸を誰が見て笑うんだってなるから、これはやらせたくないんだよ。これはやってくれるなと思う。芸事はそういうことを全部忘れて、明るくくだらないなと見てもらうのが芸なんだから」
 「あと、もっと考えないといけないのが、闇営業とかをやらないと食えないような状態の事務所の契約は何だということ。若手も出てきて、事務所がこういう仕事をして、いくらくれるとか言ったほうがいいんだって。家族がいて食えないようにしたのは誰なんだと。だったら雇うなよってこと。最低保証ぐらいしろよ」
 「何回も言うけど、お笑い芸人にこんなことやらせてほしくないのよ。俺はケガしても出ていったけど、それは“こんなに醜くなった姿を見せてやろう”と腹をくくって出ていったけど、この会見は腹決まって出ていってない。かわいそうだよ」

松本人志
「その時に『だったら俺、吉本におれないかもしれないわ』と言ったの。『吉本興業にはいたくないかも』って言いました。考えさしてください。こんな会社じゃだめやと思うから」

どの著名人も、基本的には吉本興業の対応が悪すぎることに対して言及していますね!

当人の二人も悪い事をしてしまったことは重々認識しているようです。

意図的ではないにしても、反社会的組織と関わりを持ってしまったことが本人たちの命取りとなるのか会社命取りとなるのか、今後の動向にも注目が必要となると考えています!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-エンタメ

Copyright© Noriブロ! , 2019 All Rights Reserved.