資産運用や薄毛等の悩み等、不安やコンプレックスとの奮闘やエンタメ情報、僕のマインドやおすすめ情報を記していく場所です。

Noriブロ!

エンタメ

【驚愕】看護師への止まらないセクハラ!自慰を見せつけた挙げ句放った一言に開いた口が塞がらない...

すぐに本題に入りたい人はココを!(目次へ飛びます)

 

 

 

 

1.ナース

 

白衣の天使とも呼ばれる看護婦さん。

長年あこがれの職業としても名が上がる彼女たちですが、一般の人からは分からない苦労があるようです。

そもそも、看護婦になる為には、何が必要なのでしょうか?

1.国家試験

看護師になるためには「看護師資格」が必要で、国が指定する看護大学・短期大学、専門学校、看護師養成所等を卒業して受験資格を得たのち、看護師国家試験に合格してはじめて、その資格を得ることができます。

合格者には、厚生労働大臣が看護師免許(国家資格)を発行しますが、正看護師の資格を得るには最低でも3年はかかります。

学校によって得られる受験資格やカリキュラムも異なってくるので確認が必要です。

また、看護師資格は年1回、毎年2月に行なわれており、受験者数は約60000人~65000人、合格率は90%を超えています。

合格率が90%を超えているとはいえ、この道について専門的な学校でみっちり勉強と試験対策をしてきた人が殆どなので簡単な試験ではないと考えられます。

その後、ほとんどの方は医療施設に就職し、看護師としての第一歩を踏み出していきます。

 

2.資格だけじゃない

看護師として社会に貢献する際に必要な素質がリクルートのスタディサプリに6つ書いてありました!

リンクを張るので詳しくは参考からどうぞ!

1.体力、精神面での「タフさ」

2.「学び続ける」姿勢と、努力

3.コミュニケーション力

4.ルールを理解し、遵守すること

5.共感力と想像力

6.オンとオフの切り替えができる

求められるものが結構厳しいですね!

体力的にも精神的にも疲弊してしまいそうです。

 

2.職場でのセクハラについて

 

ナースは白衣の天使ともいわれる人気の職業です!

やはり様々な所からセクハラの手が伸びてくるようです!

1.患者から

入院患者さんで、いつも「美人だねえ!」って言ってくるおじいちゃんがいるんだけど、今日は「美人だけど、胸は小さいね~」って言われて思わず笑顔がひきつっちゃった! 聞こえないふりで無視したけど最低! まじめな子とかだともっと悩んだりしそうだよね……。

 

「清拭などのときに、患者さんが私のお尻や腰、胸に手を持ってくるため振り払ったら『看護師のくせして、患者にそんな扱いしていいのか』と罵声を浴びせられ、顔を叩かれた

 

「男性患者が、夜勤で巡回する複数の看護師に故意に自慰行為を見せ、『手伝ってくれ』と言う

 

「『一緒に寝よう』と腕を思い切り引っ張られた」

 

2.医師から

飲み会の席で身体を触られたりキスされたりした。

 

飲み会で、だいぶ飲みすぎた上司におしりを触られ、飲み会を抜けようと誘われた。あっさり断わり、翌日お詫びいただいたが、謝っておきながら、後日、また飲んだ際に、あいつになんか触らないよ、同僚に管を巻いた。

 

当時の上司(Aとする)が他大学の教授に決まり、その祝賀会の二次会後の帰路で、同じ方向に歩いていた当時の所属医局の主任教授(Bとする)から突然路上でキスされ、無理矢理近くのラブホテルに連れ込まれた。希望の勤務先への派遣がかなった直後だったため、その場から逃げたかったが逃げられなかった(パワーハラスメントの要素もあったと思う)。後日、ある研究会の後、Aから胸を触られた(首元から手を入れられた)。突然のことに驚き、思わず涙が出たが、その際にAより「B先生から、『君をお前(A)の好きにしてよいと言われた』」との発言があり、さらにショックを受けた。

 

新人時代医師からラブホテルに誘われた

これは、私が看護師として初めて入職した職場で実際に体験した出来事です。 今となってはただの昔話ですが、その当時の…就職して間もない21歳の新人看護師にとっては、本当に恐怖の体験でした。 私には同期入社の仲間が4人いました。5人全員が新卒入社だったので、お互いに悩むことやぶつかる壁などを相談し合えてとても仲がよかったです。 手術室勤務ということで毎日緊張の連続でしたが、仕事を離れてからのプライベートで先輩看護師や医師たちとも交流がたくさんあって、厳しい中にも楽しさがある毎日でした。 ある時、整形外科の手術担当になった私は、初めての器械出しでどうにも手際が悪く、助手の先生から厳しく叱られました。 落ち込んで涙目になっていた私に、執刀医の中年の先生が『次から頑張ってね。』優しく声をかけてくれました。 手術終了後、その先生が私を呼び『景気づけにご飯を食べに連れて行ってあげるよ。失敗なんて誰にで もあるから気にしないで。』と一言。 突然の招待に驚き、どう返事をして良いのか困っていると、『同期の他の4人も誘ってみんなで行こう。私から他の同期の子たちにも声をかけておくよ。○時に△△集合ね。』 先生は私の返事もろくに聞かず、なかば強引に約束を取り付けて手術室から出て行ってしまいました。 その日は仕事が忙しく、同期たちとその約束についての話をすることができないまま時間になり、とりあえず指定された集合場所に出かけました。が、同期の仲間は誰一人として現れません。 当時は携帯など持っていなかったので簡単に連絡を取ることもできず、誰か来ないかなと待ち続けている間に先生がやってきました。 『今日は他の4人は都合が悪いみたいでね。2人で行くことになったんだよ。』背中を押されるようにして車に乗せられた私。何が何だかわからず頭は混乱状態。 でも、どうすることもできない。車は私の知らない道をどんどん進んで行き、辿り着いた所は…なんとラブホテル。

 

3.まとめ

ポイント

  • 看護師になるのは簡単じゃない
  • 看護師はあこがれの職業の一つ
  • 看護師になれてもセクハラ等の苦労は多い

苦労してようやく白衣の天使になれたにも関わらず、その労働環境はかなりつらそうな印象を受けました。

もちろん、普通の患者さんであれば、感謝されるやりがいのある仕事なのですが、セクハラをしてくる患者もいます。

また、患者だけでなく医師などから受けるセクハラもあり、院内でもセクハラが蔓延している場合があるようです!

ナースの皆様にはセクハラ被害にあって白衣の天使の白衣を脱がされないよう細心の注意を払っていただきたいです!

個人的には、そんな職場にいるくらいならいっそのこと仕事を辞めるのもありだと思います!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-エンタメ

Copyright© Noriブロ! , 2019 All Rights Reserved.